よく落として壊してしまう人はチタン製の印鑑をおすすめ致します

印鑑

もしも印鑑を紛失したらどうすれば良いか

実印を作ってもらった時には、原則として役場に届け出をする事になります。もちろんその届け出た印鑑は、各種証明の為に利用できる訳ですね。
ところが印鑑に対しては、様々な状況が起こり得ます。その1つが紛失ですね。紛失をしてしまうと、色々と問題が起こり得るのです。とりわけ怖いのが、誰か悪意のある方が印鑑を拾ってしまった時です。それを悪用されてしまえば、色々と大変な事が起こり得るでしょう。では印鑑を万が一紛失した時は、どうすれば良いというかと言うと、まずは直ちに役場に行くべきです。というのも印鑑がそのまま放置になっていると、悪意のある第三者が印鑑証明書などを発行してしまう可能性があります。それで何らかの実害が発生する確率も、やはりゼロではないでしょう。
ですが役所に届け出をしておけば、その証明書の発行などはできない訳です。悪用されるリスクなどは、できるだけ早めに解決するに越した事はありません。ですので、早めに役場に行くべきでしょう。
つまり実印を紛失したとしても、役所での手続きを踏めば、悪用などを防止できる訳です。ですが、やはり紛失しないに越した事はありません。何より役場に行くのは手間がかかりますし、新たに印鑑を作ってもらう時に費用も発生してしまいます。手間と出費の観点から、印鑑の紛失防止は大切です。

recent article

もしも印鑑を紛失したらどうすれば良いか

実印を作ってもらった時には、原則として役場に届け出をする事になります。もちろんその届け出た印鑑は、各種証明の為に利用できる訳ですね。ところが印鑑に対しては、様々な状況が起こり得ます。その1つが紛失ですね。紛失をしてしまうと、色…

»more

印鑑を壊してしまう人はチタン印鑑を

印鑑をよく壊してしまったりする人は多いと思います。確かに印鑑というのはすべりやすいので地面に落として壊れてしまったり、印鑑が欠けてから使い物にならなくなったりします。だから、普通の印鑑を使っていればそのようなことはいつでも起こ…

»more

印鑑を作る時に考えて決めること

印鑑というのは、実は色々と種類があります。印鑑は要するに判子であり、これが証明の一つになるわけです。つまりは、捺すことによって何らかの責任が伴う場合があるのです。但し、三文判のような極めて安価であり、効果が低い物もあります。これでも意…

»more

印鑑を作る時に考える事

これから印鑑を作ろうと思っている人は少し考えて作る必要があります。それは一体何かというと、最近は印鑑を作るにしても簡単にインターネットで作れる時代になりました。ですから、すぐにインターネットで印鑑を作ってみようと思う人もいるか…

»more